「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日立製作所ソフトウェア事業部は9月29日、同社のセキュリティ情報サイト「HIRT」においてセキュリティ情報を公開した。新たに公開された情報は、「JP1/秘文で作成した自己復号型機密ファイルのDLL読み込みに関する脆弱性(hitachi-sec-2017-124)」で、不正なDLLファイルが同一フォルダに存在している場合に、システムディレクトリにあるDLLファイルよりも優先して読み込まれるというもの。

対象となる製品は「JP1/秘文 Data Encryption」など11製品。同社では現在、対策版を準備中としている。また、自己復号型機密ファイル(.exe)を起動して復号する際には、「新規に作成したフォルダに自己復号型機密ファイル(.exe)を移動してから実行する」あるいは「自己復号型機密ファイル(.exe)と同じフォルダに、不審なDLLファイルがないことを確認してから実行する」のいずれかの運用を検討するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×