[数字でわかるサイバーセキュリティ] 低年齢層のネット利用 8 割超え、サイバー犯罪カジュアル化も | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

[数字でわかるサイバーセキュリティ] 低年齢層のネット利用 8 割超え、サイバー犯罪カジュアル化も

特集 コラム

近年スマートフォンが普及したことで、青少年もインターネットに日常的に接するようになりました。たとえば、総務省が6月8日に発表した通信利用動向の調査データによると、5年前と比較して、6歳~12歳の低年齢層でインターネットの利用率が大きく上昇しています(2011年:61.6%→2016年:82.6%)。

これにつれて、青少年もサイバー犯罪の危機にさらされるようになりました。具体的には、個人情報の流出や不正アプリによるウイルス感染、ソーシャルアカウントの乗っ取りといった事例が発生しています。こうした事例の大部分で、青少年側は“被害者”の立場でしたが、ここ最近は、青少年側がサイバー犯罪の“加害者”となる事例も発生しています。

《冨岡 晶》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×