[数字でわかるサイバーセキュリティ] 暗号化製品導入企業5割弱 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

[数字でわかるサイバーセキュリティ] 暗号化製品導入企業5割弱

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は1月31日、「暗号に関する国内外ガイドライン実態に関する調査報告書」を公開しました。

特集 コラム
「暗号」というと、一般にはあまり関係のない響きがありますが、実際には、日常的に使うアカウント、Webの閲覧、オンラインバンキングなど、さまざまな局面で使用されています。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は1月31日、「暗号に関する国内外ガイドライン実態に関する調査報告書」を公開しました。

近年の情報システムは、「暗号化」の技術なしでは考えられません。しかし一般のIT担当者は、暗号について十分な知識を持っているとは言いがたい現状です。この調査は、企業の暗号利活用に関する課題・ニーズの把握、暗号利活用のガイドラインの整備、今後作成を検討すべきガイドラインの検討を目的に実施されました。今回の調査では、情報システムまたは情報セキュリティに関与する立場の社員1,066名から回答を得ています。

《冨岡 晶( Akira Tomioka )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×