ここが変だよ日本のセキュリティ 第28回「前前前世の君に学べ! 10年前と今のセキュリティ事情!」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.24(日)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第28回「前前前世の君に学べ! 10年前と今のセキュリティ事情!」

特集 コラム

何だね君はぁ?「BDディスクもいよいよ発売が迫り、地上波での放送の噂も出始めた『君の名は。』だけど、ここでネタバレは避けておきます。でも、ちょっとだけ言うと、過去を繰り返したくないとか、過去をやり直したいっていうのは、誰しも考える、想いや願いだよね!ましてや、これからどんな酷い事が起きるかを、自分だけが未来から来て知っているなんて・・・おっとこれは禁則事項とか、特異点とか、ラノベや深夜アニメでよく見る設定だな!」

●歴史は繰り返す!

最近、現セキュリティ担当者に会議後に「CSIRTって知らないと思いますけど、今、セキュリティ対策としてとても効果的なんですよ。」と言われちまったオイラ。いやいや、オイラは10年前、まさに君の前前前世のセキュリティ担当者だったのだ。CSIRTなんてこの数年始まった新しい取り組みなんかではない、君が知ったのは最近なのだろうけどね。

今、君は経営に期待されて活躍して素晴らしいけれど、10年位前に同じように期待されながら、梯子を外され掌を返された私が通りますよ。君の名は社内で期待されているようだけど、俺の名は既に忘れられちゃっているよ。

同じ時間軸を繰り返しながら、True Endを目指すのはゲームの世界では定番だ。な、ら、ば、10年前の惨劇に学んで、True Endを目指そうじゃないか。決してBad EndやDead Endになってはいけないよ。今期待されている、そこ、そこのコラムの読者の君!!いずれ社内で君の名が思い出せない、なんてことにならないように、ちょっとこの10年前に何があったか、一緒に振り返って、今の状況と比較してみようじゃないか。
《2次元殺法コンビ》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

    マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  2. Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第2回「五十兆円『市場』」

    Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第2回「五十兆円『市場』」

  3. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

    工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  4. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  6. ISMS認証とは何か■第1回■

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第2回 「二重帳簿」

  8. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  9. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

  10. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×