データ漏えい時に発生したコストがグローバルで10%減少、米国などは増加(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.07.23(日)

データ漏えい時に発生したコストがグローバルで10%減少、米国などは増加(日本IBM)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は6月20日、「2017年データ漏えいコスト・レポート」の結果を発表した。これは、データ漏えいが今日の企業に及ぼす影響を分析したグローバル調査の結果をまとめたもの。レポートによると、世界中でデータ漏えい時に発生した平均コストは362万ドルで、前年から10%減と、調査開始以来初めての減少となった。損失または盗難されたレコード1件あたりの企業のデータ漏えいコストは平均141ドルとなっている。

4年間の平均コストと比べて大幅なコスト減となったのは、ドイツ、フランス、イタリア、英国、オーストラリア、カナダ、ブラジルであった。一方で、中東、日本、南アフリカ、インドの企業はコストが増加している。最もコストが高かったのは米国の企業で735万ドル。2番目は中東の494万ドル、3番目はカナダの431万ドルと続いた。コストが高くなる要因には、データ漏えいに関する法律に対する法令順守違反コストや、性急な通知によるコストなどがあるという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 日本に精通した標的型攻撃「BRONZE BUTLER」の詳細レポートを公開(SecureWorks)

    日本に精通した標的型攻撃「BRONZE BUTLER」の詳細レポートを公開(SecureWorks)

  2. マルウェアが検知回避に利用する23種類の闇ツールの料金や条件などを紹介(マカフィー)

    マルウェアが検知回避に利用する23種類の闇ツールの料金や条件などを紹介(マカフィー)

  3. ランサムウェア実被害は22%、セキュリティ投資は1千万以上が4割--実態調査(KPMGコンサルティング)

    ランサムウェア実被害は22%、セキュリティ投資は1千万以上が4割--実態調査(KPMGコンサルティング)

  4. 重要なインシデントにつながる脆弱性に対する早期対策を呼びかけ(ラック)

  5. HTTPS移行とクラウドアプリ利用の増加で、脅威やデータの可視性が低下(フォーティネットジャパン)

  6. 「セキュリティ」が前年に引き続き最優先のIT投資領域に(IDC Japan)

  7. ログ分析で今すぐ始めるセキュリティ運用 ~ ログ分析の基本の「き」

  8. 漏えいデータで暗号化されていたのは8%、半数以上は機密データの場所も知らず(ジェムアルト)

  9. 休暇中もデバイスをオフラインにしない日本人、公共Wi-Fi利用のリスクを指摘(マカフィー)

  10. 3年間にIT投資を行っていない中小企業は47.7%、主な理由は費用対効果(IPA)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×