ランサムウェア「Wanna Cryptor」が世界中で猛威、業務開始前に対策を(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.22(火)

ランサムウェア「Wanna Cryptor」が世界中で猛威、業務開始前に対策を(IPA)

脆弱性と脅威 脅威動向

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は5月14日、「世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について」と題する注意喚起を発表した。マイクロソフト社では、脆弱性の修正プログラム「MS17-010」Microsoft Windows SMB サーバー用のセキュリティ更新プログラム(4013389:CVE-2017-0144)」を2017年3月15日(日本時間)に公表しているが、この脆弱性を悪用するランサムウェアによる被害が世界規模で確認されている。

このランサムウェアは「Wanna Cryptor(別名:WannaCrypt、WannaCry、WannaCryptor、Wcry)」と呼ばれるもので、Avast社の情報によると2017年2月に最初のバージョンが発見され、現在はバージョン2.0となっている。5月12日8時(中央ヨーロッパ時間)より活動が活発化、10時には大規模な感染活動に発展した。5月13日(同)には104の国と地域で12万6千件以上が検知されている。

「Wanna Cryptor 2.0」は主にロシアや東欧、台湾をターゲットとしているが、中国の教育機関やフランスのルノーの工場、スペインの通信事業者、イギリスの医療機関や日産の工場、インドネシアの工場などが被害を受けており、業務停止を余儀なくされているケースも少なくない。被害が確認されている地域は欧州のほか北米、中米、南米、アジア、豪州、アフリカなどほぼ全世界に及び、日本でも被害が確認されている。

「MS17-010」の脆弱性(CVE-2017-0144)は、SMBサーバ上にファイルをダウンロードされサービスとして実行できるというもので、Wanna Cryptor 2.0はこの脆弱性を悪用してSMBサーバ上にランサムウェアを作成し、感染PCのファイルを暗号化する。Wanna Cryptor 2.0は28の言語に対応し、約300ドル相当のビットコインでの支払いを要求する。

また、この脆弱性を悪用するエクスプロイトは、米国の国家安全保障局(NSA:National Security Agency)が情報収集のために開発したものであるとされ、2017年4月にハッカー集団「Shadow Brokers」が盗み出し、ネット上で買い手を募っていたが売れず、無料で公開していた。Wanna Cryptorはこのエクスプロイトを利用したと思われる。

IPAでは、Wanna Cryptor 2.0の活発化が日本では週末に当たるため、15日月曜日に感染被害が拡大する可能性があるとしている。業務前にWindows Updateによる修正プログラムを適用することと、不審なメールの添付ファイルの開封やリンクへのアクセスをしないことを徹底するよう呼びかけている。なお、マイクロソフト社では例外的に、Windows XP、8、およびWindows Server 2003用の修正プログラムも公開している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 改ざんやDDoS攻撃などWebサイトの被害が増加、サイトの点検を呼びかけ(JPCERT/CC)

    改ざんやDDoS攻撃などWebサイトの被害が増加、サイトの点検を呼びかけ(JPCERT/CC)

  2. Apache Struts 2 において Struts 1 由来のプラグインでの値検証不備により任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache Struts 2 において Struts 1 由来のプラグインでの値検証不備により任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  3. OSPFプロトコルを実装する複数の製品に、DoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JVN)

    OSPFプロトコルを実装する複数の製品に、DoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JVN)

  4. 組込みソフト搭載の専用機器からSSHへのパケットが増加--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  5. バッファロー製の無線LANルータに、任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  6. WindowsのLNKにリモートから任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  7. TwitterでNintendo Switchの購入希望者を狙った詐欺が横行

  8. Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

  9. バッファロー製の無線LAN製品に複数の脆弱性(JVN)

  10. 海外製デジタルビデオレコーダへのアクセスが増加、脆弱性悪用のおそれ(警察庁)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×