「東商マート」サイトに不正アクセス、約5万件の顧客情報が漏えい(ジャパン・フード&リカー・アライアンス) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

「東商マート」サイトに不正アクセス、約5万件の顧客情報が漏えい(ジャパン・フード&リカー・アライアンス)

ジャパン・フード&リカー・アライアンスは、同社の連結子会社である東洋商事が運営する通販サイト「東商マート」に不正アクセスがあり、個人情報が一部流出した可能性のあることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
ジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社は4月13日、同社の連結子会社である東洋商事株式会社が運営する通販サイト「東商マート」に不正アクセスがあり、個人情報が一部流出した可能性のあることが判明したと発表した。

これは4月11日、同社に業務用アプリケーション機能を提供している事業者から、3月31日から4月10日にかけて「東商マート」の管理画面に不正なアクセスが複数回あったとの報告を受けたもの。同事業者による調査の結果、SQLインジェクションによってサイトの改ざんと情報漏えいが発生していたという。

アクセス可能な状況にあった顧客情報は49,468件で、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれていた。また、4月9日21時から4月10日11時30分頃までに同サイト上で入力された2件は、クレジットカード情報も含まれていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×