[Security Days Spring 2017 インタビュー] 情報技術(IT)と運用技術(OT)を統合し、産業制御システム分野のセキュリティの取り組みも推進(トリップワイヤ・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

[Security Days Spring 2017 インタビュー] 情報技術(IT)と運用技術(OT)を統合し、産業制御システム分野のセキュリティの取り組みも推進(トリップワイヤ・ジャパン)

産業用システムは継続性が重要で、特に、ICSなどの制御系システムは安全性が欠かせません。なぜなら、重要インフラに関するプラントなどの制御を奪われると、クリティカルな被害につながるからです。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
3月8日からの3日間は東京で、3月16日には大阪にて開催される「Security Days Spring 2017」。国内外のセキュリティベンダーによるセミナー中心のイベントで、多くの企業や専門家が最新知見の講演を行う。

改ざん検知や変更管理、脆弱性管理などの分野でソリューションを提供するトリップワイヤ・ジャパン株式会社。IoTで高まるインダストリー領域の脅威とその対策動向やセッションの見どころなどについて、同社 カントリーマネージャーの浅原伸治氏に聞いた。

――改めて、御社の製品ポートフォリオや強みについてお聞かせください。

トリップワイヤは、ファイルの改ざん検知機能を提供するオープンソースソフトからはじまり、改ざん検知や変更管理、脆弱性管理のソリューションを展開しています。米国で設立20周年を迎え、日本法人も2000年4月の設立から17年が経過しました。

代表的なソリューションが、改ざん検知と変更管理を提供する「Tripwire Enterprise」で、2013年からは、脆弱性管理の製品「IP360」を製品ラインアップに加え、改ざん検知、脆弱性管理の両面で、サイバー攻撃に対するエンドポイント対策を強化してきました。

2017年は全社的スローガンとして「Foundational Controls」を掲げ、ファイルシステムやクラウド、仮想化、仮想化、ネットワークデバイスなど、企業の情報「基盤」のセキュリティリスク可視化、リスクコントロールを提供するソリューションを展開していきます。

――御社が今、最も懸念するサイバー攻撃や脅威は何ですか。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×