[新春対談] 一田 和樹 vs 辻 伸弘 : インターネットの善悪と2017年展望 | ScanNetSecurity
2023.02.08(水)

[新春対談] 一田 和樹 vs 辻 伸弘 : インターネットの善悪と2017年展望

リサーチャーとして日々動向をウォッチし、情報を提供している辻伸弘氏と、「サイバーミステリ小説」というカテゴリを切り開いた一田和樹氏。そんな両氏の二度目の対談が実現した。昨今のサイバーセキュリティ動向と、背後にある世界をどのようにとらえているのだろうか。

特集 特集
セキュリティリサーチャーとして日々動向をウォッチし、時にブログで、時に記事や書籍の形で情報を提供している辻伸弘氏と、サイバー空間の動向を反映した「サイバーミステリ小説」というカテゴリを切り開いた一田和樹氏。2016年末、そんなふたりの二度目の対談が実現した。両氏は昨今のサイバーセキュリティ動向と、背後にある世界の動きをどのようにとらえているのだろうか。


編集部:一田さんの最新刊「原発サイバートラップ」には、辻さんが登場しますね。それも友情出演的なものではなく、内面描写も含む一人の登場人物として。

一田:前回の対談で辻さんに「僕も出してくださいよ」と言われたことがずっと気にかかっていて、ようやくです。本当は別の作品でも登場してもらうはずだったんです。

辻:登場するとは聞いていなかったので、査読させていただいた時にはビックリしました。僕の勤めているビルが出てきて、お、これはもしかして、って(笑)。こういった小説の題材を選ぶときは、どういうインスピレーションがあるんですか?

《高橋 睦美》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×