ここが変だよ日本のセキュリティ 第26回 「最近よく聞くサイバー保険は誰を救う?」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第26回 「最近よく聞くサイバー保険は誰を救う?」

経営者はITに詳しくない、新しい技術に疎い、なんてことを心配している次元では無くなってきた。経営者にそこまで広い知見はあるかというと、さすがに偉くなってきた、勝ち残ってきただけの優秀さは持っている。ただの50代、60代のおっさんとかとは、桁違いに切れる。

特集 特集
何だね君はぁ? 「日本人は保険大好き。でも保険料払っていて、保険金をもらったことがある人はどれくらいいるのかな?損害保険の場合だと、乗用車を運転していれば保険を利用したことは多いはずだ。一方、生命保険だと生活習慣病が顕在化する年齢になるまで、保険金をもらうことは少ないんじゃないかな。」

●最近よく聞くサイバー保険

 サイバー保険のニュースがちらほらと出てきて、被害に対して救いになるんじゃないかって期待されているけど、実際どうなんだろう。

生命保険や自動車保険だと、生活にどんなリスクがあるかイメージしやすいパンフレットがあって、子供の養育に幾らかかるとか、事故で怪我をさせてしまった時の損害賠償がいくらだとか、どんな時に助けになるか把握できる。

一方、企業向けの保険ってどういう時に役立つか、総務部や経理部、経営企画部といった本社部門でないと、どうもよく分からない。顧客苦情や管理業務が増えるとか、そこのところは保険金が支払われても、保険に入っていなくても、余り変わらなそうだ。給与や賞与が減るとか、中小企業だと会社の経営が傾くとかありそうだけど、大企業だと経営じゃなければ、大きなインパクトは無さそうだ。

《2次元殺法コンビ》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×