建設用クレーンの製造会社を狙った標的型攻撃を確認(Dr.WEB) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

建設用クレーンの製造会社を狙った標的型攻撃を確認(Dr.WEB)

Dr.WEBは、2016年11月のウイルスレビューを発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は12月2日、2016年11月のウイルスレビューを発表した。11月の主な傾向として、「ロシアの銀行を攻撃するボットネットの登場」「建設用クレーンを製造する会社を狙った標的型攻撃」「Google Play上でAndroid向けトロイの木馬を発見」の3つを挙げている。

11月後半には、建設用クレーンを製造するロシアの企業のコンピューターから重要な文書や社員の仕事上のやり取りに関する情報を盗む、新たなバックドア「BackDoor.Crane.1」が登場した。このトロイの木馬は、定期的にスクリーンショットを撮り、それらをC&Cサーバへ送信していた。同社のスペシャリストは、この作成者はWebサイトrsdn.orgなどのさまざまなソースからコードをコピーしているものとみている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×