「Joomla!」に2つの重大な脆弱性、アップデートを呼びかけ(Joomla!) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

「Joomla!」に2つの重大な脆弱性、アップデートを呼びかけ(Joomla!)

Joomla!は、オープンソースのCMSである「Joomla!」の新バージョンを公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
Joomla!は10月26日、オープンソースのCMSである「Joomla!」の新バージョンを公開した。新バージョンの「Joomla! 3.6.4」では、2つの重大な脆弱性の修正と、二要素認証に関するバグの修正が行われている。脆弱性のひとつは、ユーザ登録のチェックが不十分なため、サイトでユーザ登録を無効にしていても登録が可能になってしまうというもの(CVE-2016-8870)。

もうひとつは、データのフィルタリングが不十分なため、ユーザがサイトに登録する際に権限を昇格されるというもの(CVE-2016-8869)。いずれの脆弱性も、Joomla! 3.4.4から3.6.3が影響を受け、今回のバージョンアップにより解消できる。Joomla!ではアップデートパッチの早急な適用を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×