2016年第2四半期のクレジットカード不正使用被害、3%ながら被害額が減少(日本クレジット協会) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

2016年第2四半期のクレジットカード不正使用被害、3%ながら被害額が減少(日本クレジット協会)

一般社団法人日本クレジット協会は、2016年第2四半期(4月から6月)におけるクレジットカード不正使用被害の集計値を取りまとめ、発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
一般社団法人日本クレジット協会は9月30日、2016年第2四半期(4月から6月)におけるクレジットカード不正使用被害の集計値を取りまとめ、発表した。これは、クレジットカード不正使用の実態を明らかにするために、クレジットカード発行会社を対象に継続的に調査しているもの。

これによると、同四半期の不正使用被害額は35.7億円で、前四半期(37.0億円)から3.5%の減少となった。不正使用被害額の内訳は、偽造カード被害額が7.3億円(同9.0億円)で18.9%の減少、番号盗用被害額が22.9億円(同22.6億円)で1.3%の増加となった。構成比では、偽造カード被害額が全体の20.5%、番号盗用被害額が64.1%であった。国内・海外の内訳では、カード偽造被害は海外が65.7%を占め、番号盗用被害は海外が39.0%であった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×