アライドテレシスのUTM&VPNルータに、ラックの「脅威情報リスト」を提供(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

アライドテレシスのUTM&VPNルータに、ラックの「脅威情報リスト」を提供(ラック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ラックは7月22日、アライドテレシス株式会社が販売するUTM&VPNルータ「AR4050S/AR3050S」に、ラックが蓄積する「脅威情報リスト」を提供すると発表した。同製品は、高度化・巧妙化の一途をたどる深刻なサイバー攻撃に対して、複数のセキュリティ対策をひとつの機器で対処できるよう設計された、次世代ファイアウォール搭載のUTM&VPNルータ。

同製品に提供される「脅威情報リスト」は、ラックが運営するセキュリティ監視センター「JSOC」での運用監視やセキュリティ診断、緊急対応サービスなどのサービスを運営する過程で蓄積された、不正と認識されたIPアドレスを含む情報群となる。この情報を活用することにより、ラックが認知する不正サイトに対しクライアントがアクセスすることを停止したり、外部からの通信を拒否するなどの機能を実現できるという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×