Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

脆弱性と脅威 脅威動向

警察庁は6月18日、@policeにおいて2016年5月期の「インターネット観測結果等」を発表した。5月期では、「Docker API に対するアクセスが急増」および「H.323 プロトコルに使用される宛先ポート1720/TCP 及び11720/TCP に対す
るアクセスが増加」の2つをトピックに挙げている。「Docker」は、コンテナ型仮想実行環境の管理ソフトウェアで、リモートからネットワーク経由での操作も可能にするAPIが用意されている。

このAPIは、初期設定ではUNIXドメインソケットを使用するが、設定を変更することで、任意のTCPポートで待ち受けを行いネットワーク経由で操作を行うことも可能。その際に使用される非暗号化通信のポートとして登録されている「2375/TCP」に対するアクセスが、5月25日から29日にかけて急激に増加したという。これらのアクセスは、外部からアクセス可能なAPIを探索したり、APIを通じて情報の窃取を試みる目的があると考えられるとしている。

また「H.323 プロトコル」は、テレビ電話などの音声・動画通信用のプロトコルで、1720/TCPおよび11720/TCPポートを使用する。このポートに対するアクセスの内容を確認したところ、H.323による呼の確立を試みる「Call Signalling」メッセージを含むアクセスが多数を占めていたという。確認の結果、攻撃者が「FreePBX」の脆弱性を悪用して、これら発信元IPアドレスのホストに対して不正な操作を行い、踏み台として悪用している可能性も考えられるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×