不正コピーの疑いで三重県所在の会社を証拠保全(BSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

不正コピーの疑いで三重県所在の会社を証拠保全(BSA)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

The Software Alliance(BSA)は6月16日、BSA加盟企業3社の著作権を侵害した疑いがあるとして、津地方裁判所が同日付で三重県に所在する会社(A社)に対して証拠保全を実施したと発表した。この事案は、BSAの「情報提供窓口」に報告された、A社がBSA加盟企業3社(オートデスク、マイクロソフト、アドビ システムズ)の複数のソフトウェア「AutoCAD」「AutoCAD LT」「Microsoft Office」「Adobe Acrobat」を、権利者らに無断で複製し利用している、との情報を端緒にしたもの。

提供された情報を分析した権利者らは、情報提供の内容が具体的かつ詳細であったことと、権利者らが把握するユーザ登録数の分析結果などから、A社が権利侵害を行っている蓋然性が高いと判断。津地方裁判所に対して代理人を通じて2016年2月29日付で証拠保全の申立を行っていた。証拠保全では、約75台のコンピュータ等が検証されたという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×