不正コピーの疑いで三重県所在の会社を証拠保全(BSA) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

不正コピーの疑いで三重県所在の会社を証拠保全(BSA)

BSAは、BSA加盟企業3社の著作権を侵害した疑いがあるとして、津地方裁判所が三重県に所在する会社(A社)に対して証拠保全を実施したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
The Software Alliance(BSA)は6月16日、BSA加盟企業3社の著作権を侵害した疑いがあるとして、津地方裁判所が同日付で三重県に所在する会社(A社)に対して証拠保全を実施したと発表した。この事案は、BSAの「情報提供窓口」に報告された、A社がBSA加盟企業3社(オートデスク、マイクロソフト、アドビ システムズ)の複数のソフトウェア「AutoCAD」「AutoCAD LT」「Microsoft Office」「Adobe Acrobat」を、権利者らに無断で複製し利用している、との情報を端緒にしたもの。

提供された情報を分析した権利者らは、情報提供の内容が具体的かつ詳細であったことと、権利者らが把握するユーザ登録数の分析結果などから、A社が権利侵害を行っている蓋然性が高いと判断。津地方裁判所に対して代理人を通じて2016年2月29日付で証拠保全の申立を行っていた。証拠保全では、約75台のコンピュータ等が検証されたという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×