CSIRTを設置するも、スキル不足などにより有効性に疑問を持つ日本企業(IPA) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

CSIRTを設置するも、スキル不足などにより有効性に疑問を持つ日本企業(IPA)

IPAは、「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は5月10日、「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016」を公開した。同調査は2015年11月中旬~12月下旬、日・米・欧の従業員数300名以上の企業のCISO、情報システム・セキュリティ担当部門の責任者および担当者を対象にWebアンケートや文献、ヒアリングにより実施したもの。調査結果によると、CISOが経営層として任命されている企業では、情報セキュリティ対策の実施率が、CISOが任命されていない企業の約2倍であった。これは日・米・欧で共通の傾向となっている。

CSIRTについては、米国、欧州では約半数が「期待したレベルを満たしている」と答えているが、日本では14%にとどまった。また、CSIRTなどの有効性を左右する要素では、「能力・スキルのある人員の確保」と回答した割合が日本では73.3%と非常に高かった(米国:56.8%、欧州:54.2%)。同様に「情報セキュリティ人材のスキル面等の質的充足度が十分である」と回答した日本の企業は、欧米の半分以下となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×