Webサイトやアプリの脆弱性を検知するクラウドベースのサービス(バラクーダネットワークスジャパン) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

Webサイトやアプリの脆弱性を検知するクラウドベースのサービス(バラクーダネットワークスジャパン)

バラクーダネットワークスジャパンは、Webサイトやアプリケーションの脆弱性を検知するクラウドベースサービス「Barracuda Vulnerability Manager」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
バラクーダネットワークスジャパン株式会社は3月15日、Webサイトやアプリケーションの脆弱性を検知するクラウドベースサービス「Barracuda Vulnerability Manager」を発表した。同社の既存ユーザ向けに、期限付きで無償での提供を開始した。同製品は、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど、OWASPトップ10の脆弱性を検知することが可能なサービス。

シンプルなポイント&クリック機能によりWebアプリケーションの脆弱性を容易に発見できるツールだという。また、オンプレミス、仮想環境、およびパブリック/プライベートクラウドでホスティングされているWebサイトやアプリケーションをスキャンすることができ、「Barracuda Web Application Firewall」とのシームレスな連携も可能。これにより、特定された脆弱性に対して自動的に軽減ポリシーを作成・適用して対策を講じることができる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×