Barracuda WAFの一次代理店として製品取り扱いを開始(ジェイズ・コミュニケーション、バラクーダネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

Barracuda WAFの一次代理店として製品取り扱いを開始(ジェイズ・コミュニケーション、バラクーダネットワークス)

ジェイズ・コミュニケーションとバラクーダネットワークスは、ジェイズ・コミュニケーションがBarracuda WAFを一次代理店として製品取り扱いを開始すると共同発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
ジェイズ・コミュニケーション株式会社とバラクーダネットワークスジャパン株式会社(バラクーダネットワークス)は12月8日、ジェイズ・コミュニケーションが「Barracuda Web Application Firewall」(Barracuda WAF)を一次代理店として製品取り扱いを開始すると共同発表した。Barracuda WAFは、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング、クロスサイトリクエストフォージェリ、セッション改ざんといったWebアプリケーションを狙った攻撃に有効な対策製品。

ジェイズ・コミュニケーションでは、大きな被害につながりかねない脆弱性が次々と発見されるなか、Webセキュリティソリューションへのニーズが高まると考え、商材を充実するべく一次代理店として取り扱い可能なWAFを模索していた。検討した結果、Barracuda WAFが他社のWAFソリューションより優れた機能性を持ち、セットアップが容易であること、さらに同社が得意とするSMBマーケットのニーズに合致する価格帯であることから、取り扱いの開始に至ったという。価格は物理アプライアンスを1,285,000円から、仮想アプライアンスを690,000円(ともに税別)から提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×