フィッシャープライス「Smart Toy」向けWebサービスに脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.24(木)

フィッシャープライス「Smart Toy」向けWebサービスに脆弱性(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月3日、フィッシャープライス「Smart Toy」向けWebサービスに、複数のAPI呼出しにおいて適切な認証を行っていない脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは7.4。

「Smart Toy」向けWebサービスは、Wi-Fi接続機能を持つIoT玩具「Smart Toy Bear」にさらなるインタラクションを提供するもの。このAPIには、適切な認証を行っていない脆弱性(CVE-2015-8269)が存在する。この脆弱性が悪用されると、リモートの攻撃者によって当該製品に関連付けられた子供や親の個人情報を取得されたり、変更されたりする可能性がある。また玩具を乗っ取られる可能性もある。フィッシャープライスは、サービス側の変更によってこの問題を修正しており、JVNではMattel, Inc. またはフィッシャープライスに問い合わせるよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×