決済データのセキュリティで独自調査、投資、対策、手順ともに不足(ジェムアルト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

決済データのセキュリティで独自調査、投資、対策、手順ともに不足(ジェムアルト)

ジェムアルトは、決済データのセキュリティに関する独自調査の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ジェムアルト株式会社は1月28日、決済データのセキュリティに関する独自調査の結果を発表した。同調査は、日本、米国、英国、ドイツ、フランス、ベルギー、オランダ、インド、ロシア、中東、南アフリカのITおよびITセキュリティ専門家を対象に実施したもので、3,773人から回答を得た。調査結果によると、調査対象者の半数以上(54%)が決済データに関するセキュリティ侵害もしくはデータ漏えいを経験しており、その回数を平均すると過去2年間に4回であったという。

また、決済データのセキュリティ対策が一元化されておらず、責任の所在は最高情報責任者(CIO)にあるとの回答が28%、事業部門が26%、コンプライアンス部門が19%、最高情報セキュリティ責任者(CISO)が15%、その他の部門が14%であった。さらに、55%は自社の決済データが保管されている、もしくは置かれている場所を知らず、その反面で59%が自社では第三者に決済データへのアクセスを許可していた。同社では、自社の決済データに関するセキュリティ投資、対策、手順がいずれも十分ではないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×