新たなRAT「Trochilus」を検出、標的はアジアの政府と非政府組織(アーバーネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.04.22(木)

新たなRAT「Trochilus」を検出、標的はアジアの政府と非政府組織(アーバーネットワークス)

アーバーネットワークスは、Arbor Networks社による新しいASERT(Security Engineering & Response Team)脅威インテリジェンスレポートについて発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
アーバーネットワークス株式会社は1月18日、Arbor Networks社による新しいASERT(Security Engineering & Response Team)脅威インテリジェンスレポートについて発表した。これによると、アジアの政府と非政府組織を標的とする多層攻撃を検出した。この攻撃において「Trochilus」と呼ばれる新たなRATを検出したという。

このRATは、7つのパーツからなるマルウェアクラスタの一部であり、 東アジアを拠点に展開していると見られている。アジア地域のCERTでは、「PlugX」「EvilGrab」「9002 RAT」マルウェアも同時に検出されているが、「Trochilus」が標的型攻撃に使用されたという公開情報は把握していないという。今回のASERT脅威インテリジェンスレポートには、「Trochilus」マルウェアファミリの略歴や、同マルウェアの動作に関する概要などの詳細が記されている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×