「Videofied Frontel」にサーバと安全でない通信を行う脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

「Videofied Frontel」にサーバと安全でない通信を行う脆弱性(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月1日、RSI Video Technologies が提供するセキュリティシステムにおいて警報発生時の状態を監視するソフトウェア「Videofied Frontel」がサーバとの通信にセキュアでない独自プロトコルを使用する脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは7.5。

「Frontel protocol version 3 より前のバージョンを使用するシステム」は、888/tcp で動作する独自プロトコルを使用しています。このプロトコルでは、AES-128 と共通鍵によるハンドシェイクをおこなった後、メッセージを送信する。これにより、暗号鍵がハードコードされている問題(CVE-2015-8252)、暗号鍵がハードコードされている問題(CVE-2015-8252)、暗号鍵がハードコードされている問題(CVE-2015-8252)が存在する。この脆弱性が悪用されると、リモートの攻撃者によって偽のメッセージを送られたり、ビデオを含むデータを傍受される可能性がある。JVNでは、開発者の情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×