561人分の個人情報が流出、職員による約68万件の持ち出しも判明(堺市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

561人分の個人情報が流出、職員による約68万件の持ち出しも判明(堺市)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 堺市は13日、個人情報流出について発表した。

 判明した流出は561人分の個人情報。同市の職員が選挙システムの動作確認用の架空の個人情報(ダミーデータ)や業務上所有していた不在者投票対象者などのデータであるという。

 職員は選挙管理事務所に在籍していた平成18年度から23年度の間に約68万件の有識者情報などのデータを含む選挙システムを自宅のパソコンに保存していたことも判明している。

 同市では6月24日に、市政情報課ホームページに「インターネット上に不審な情報がある」と匿名のメールが寄せられて調査を開始。9月になって、個人情報と思われる情報がネット上にマスキングされて掲載されるなどの事件が発覚していた。

堺市、561人分の個人情報流出

《編集部@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×