[Black Hat USA 2015] バイナリ解析とシンボリック実行で脆弱性を探し出す「angr」 | ScanNetSecurity
2020.07.07(火)

[Black Hat USA 2015] バイナリ解析とシンボリック実行で脆弱性を探し出す「angr」

こうした「帯に短しタスキに長し」を解消するのが「angr」だ。angrは、静的解析と動的シンボリック実行解析を組み合わせたオープンソースのフレームワークで、バイナリローダ、静的解析ルーティン、シンボリック実行エンジンの3つのコンポーネントで構成される。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
「IoTなど組み込みデバイスの一部ではソースコードが公開されず、カスタムOSとカスタムプログラムをまとめたバイナリブロブしかないことも多い。これでは脆弱性検証もままならず、何かスパイウェアなどが仕掛けられていても知ることができない」

Black Hat USA 2015 の講演「Using Static Binary Analysis to Find Vulnerabilities and Backdoors in Firmware」で、Christopher Kruegel 氏と Yan Shoshitaishvili 氏はこう述べた。

※本記事は Scan PREMIUM に全文を掲載しました

《谷崎 朋子》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×