「FireEye」導入企業向けにマネージドセキュリティサービスを提供(日本IBM、KS-SOL) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

「FireEye」導入企業向けにマネージドセキュリティサービスを提供(日本IBM、KS-SOL)

KS-SOLは日本IBMと協業し、新たにセキュリティ運用監視サービス「KS-SOL マネージド・セキュリティー・サービス サービスタイプ3」を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は8月3日、関電システムソリューションズ株式会社(KS-SOL)が日本IBMと協業し、新たにセキュリティ運用監視サービス「KS-SOL マネージド・セキュリティー・サービス サービスタイプ3」を開始すると発表した。同サービスは、「FireEye」を導入した企業に対し、KS-SOLが提供する運用監視サービスとして提供するもの。

同サービスのバックグラウンドには、日本IBMのセキュリティ専門技術者による24時間365日の有人運用監視サービス「IBM Managed Network Security Services(IBM MNSS)」を利用する。「IBM MNSS」は、東京を含む世界10拠点のIBMセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)において顧客サイトのセキュリティ機器を運用監視する。価格は4,620,000円/年(税別)からで、「高」「中」レベルのインシデントを通知して、月5回のインシデント対応支援を行う。また、月次レポートも提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×