三井住友銀行を騙る「変な日本語」のフィッシングメールを確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.26(土)

三井住友銀行を騙る「変な日本語」のフィッシングメールを確認(フィッシング対策協議会)

脆弱性と脅威 脅威動向

フィッシング対策協議会は7月10日、三井住友銀行を騙るフィッシングメールが出回っているとして注意喚起を発表した。メールは2パターン確認されており、ともにシステムをアップグレードしたためログインして更新するよう呼びかけるものだが、一方は日本語として意味が通じにくい内容となっている。確認されているフィッシングサイトのURLは以下の通り。

転送元URL
●●●●.co.jp/onlinebanking/security-update/

転送先URL
http://●●●●.co.za/wp-content/www.smbc.co.jp/smbc-securityupdate.htm
http://●●●●.co.za/www.smbc.co.jp/smbc-securityupdate.htm
http://●●●●.co.za/wp-content/www.smbc.co.jp/smbc-securityupdate.htm
http://●●●●.co.za/www.smbc.co.jp/smbc-securityupdate.htm
http://●●●●.co.za/wp-includes/www.smbc.co.jp/smbc-securityupdate.htm
http://●●●●.co.za/www.smbc.co.jp/smbc-securityupdate.htm
http://●●●●.com/www.smbc.co.jp/smbc-securityupdate.htm

同協議会では、7月10日12時30分の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中としている。また、類似のフィッシングサイトが公開される可能性もあるとして注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてアカウント情報(名前、誕生日、アドレス、郵便番号、電子メール、電話番号、店番号・口座番号、契約者番号、第一暗唱など)を絶対に入力しないよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×