メール誤送信によってボランティアの高校生6人のメールアドレスが流出(神奈川県) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

メール誤送信によってボランティアの高校生6人のメールアドレスが流出(神奈川県)

 神奈川県は7月6日、メール誤送信によって個人情報を流出したと発表した。7月4日に神奈川県立青少年センターがボランティアの高校生6人にメールを送った際、メールアドレスが相互に見られる状態になっていたという。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 神奈川県は7月6日、メール誤送信によって個人情報を流出したと発表した。7月4日に神奈川県立青少年センターがボランティアの高校生6人にメールを送った際、メールアドレスが相互に見られる状態になっていたという。

 7月4日午前9時17分、県立青少年センター科学部科学支援課が、高校生科学ボランティアの参加者6人あてに資料をメールで送信。その際、メールのあて先をBCCにしていなかったため、相互にメールアドレスを見ることができる状態となり、個人情報であるアドレスが流出したという。

 担当者が送信直後に気付き、メールを送信した6人に謝罪とメール削除を依頼。高校生と保護者に電話などで謝罪を行ったとしている。

 同県では「個人情報を含む情報の適切な取扱いおよび再発防止の方法を再度検証し、徹底を図る」としている。

高校生6人のメールアドレスを流出、神奈川県

《奥山直美@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×