サイト運用を再開するも、一部コンテンツでは引き続き脆弱性を確認中(日本年金機構) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

サイト運用を再開するも、一部コンテンツでは引き続き脆弱性を確認中(日本年金機構)

 日本年金機構は22日、サイトの運用を再開した。不正アクセスによる情報漏えいを受け、同機構では6日より、サイトの運用を停止。脆弱性の確認を行っていたとのこと。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 日本年金機構は22日、サイトの運用を再開した。不正アクセスによる情報漏えいを受け、同機構では6日より、サイトの運用を停止。脆弱性の確認を行っていたとのこと。

 主なコンテンツは閲覧可能な状態に復旧しているが、「日本年金機構へのご意見・ご要望」「法令等違反通報窓口」「海外に居住中の方へ(ねんきん定期便の受け取り方法)」「全国の相談・手続き窓口」「年金Q&A」などのコンテンツは、現在も利用できない。これらのコンテンツは、ユーザーによるフォーム入力などが必要なため、現在も脆弱性の確認を行っている形だ。

 日本年金機構への意見・要望、法令等違反通報は、文書により可能。宛先は〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24 日本年金機構まで。情報漏えいに関する相談などは、専門電話窓口(フリーダイアル)0120-818211 受付時間 8:30~21:00(平日および土日)まで。

日本年金機構、サイト運用を再開

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×