メールサービス登録者約7,500件の個人情報を登録者全員に誤送信(日本郵政) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

メールサービス登録者約7,500件の個人情報を登録者全員に誤送信(日本郵政)

日本郵政は、メールの誤送信によってメールサービス登録者の個人情報が漏えいしたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
日本郵政株式会社は6月10日、メールの誤送信によってメールサービス登録者の個人情報が漏えいしたと発表した。これは6月8日、同社の不動産部門施設部において、建設工事発注情報の提供先である建設工事発注情報メールサービス登録者の情報を誤送信していることが判明したもの。建設工事発注情報メールサービス登録者の情報(登録者名、メールアドレス、電話番号、住所)約7,500件を、同サービスの登録者全員に送付した。送付先には、誤送信の約2時間後に削除を依頼したという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×