金銭を狙うランサムウェアがPC、スマホともに増加--下半期レポート(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

金銭を狙うランサムウェアがPC、スマホともに増加--下半期レポート(エフセキュア)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

エフセキュア株式会社は4月30日、新たな調査レポート「THREAT REPORT H2 2014」(脅威レポート2014年下半期)を発表した。レポートによると、ユーザの金銭を奪う攻撃を仕掛けるランサムウェアとその他の脅威が引き続き拡大している。ランサムウェア「SmsSendファミリー」には合計574個の既知の亜種があり、このうち259種が2014年の下半期に確認された。SmsSendは、プレミアム料金の番号にSMSメッセージを送信するトロイの木馬にAndroidデバイスを感染させることで、犯罪者に利益をもたらすもの。

ランサムウェアはPC上での検出件数も増加しており、今回のレポートで確認された上位10個の脅威には「Browlockランサムウェアファミリー」が加わったほか、「Conficker/Downadupワーム」「Salityウイルス」、さまざまな種類の「Ramnitウイルス」などが目立っている。これら3つのファミリーは、上位10個の脅威の全検出数のうち、合計で55%を占めた。また、Facebookアカウントを狙って意図しないコンテンツを投稿したり、情報を盗んだりする「Kilimファミリー」と呼ばれる悪意のあるブラウザ拡張も目立った。ただし、検出数の増加にはFacebookからの協力によるところも大きいとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×