ワンタイムパスワード管理アプリの無償提供を開始(IIJ) | ScanNetSecurity
2021.06.22(火)

ワンタイムパスワード管理アプリの無償提供を開始(IIJ)

IIJは、ワンタイムパスワードの管理アプリケーション「IIJ SmartKey」を4月1日よりApp StoreおよびGoogle Playにて無料で提供開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は4月3日、ワンタイムパスワードの管理アプリケーション「IIJ SmartKey」を4月1日よりApp StoreおよびGoogle Playにて無料で提供開始したと発表した。本アプリは、スマートフォン向けのワンタイムパスワードを生成するもの。TOTPと呼ばれる標準規格に対応した、さまざまなWebサービスの二要素認証に対応し、1台の端末複数のワンタイムパスワードを一元管理できる。

対応OSは、iPhone(iOS 8.1以降)、Android(4.0以降)で、ワンタイムパスワードの桁数は6桁または8桁。更新間隔は10秒~86,400秒、対応言語は日本語で、6月には英語対応する予定だという。現在のところ、IIJセキュアMXサービス(スペアメールオプション)、Amazon Web Services、Dropbox、Evernote、Facebook、Googleアカウント、Google Apps for Work、Microsoftアカウントにおいて動作確認が完了している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×