CPUレベルの脅威対策技術を開発するHyperwise社を買収(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

CPUレベルの脅威対策技術を開発するHyperwise社を買収(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、同社インターナショナル本社がイスラエルのテルアビブに拠点を置くHyperwise社を買収したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は2月23日、同社インターナショナル本社がイスラエルのテルアビブに拠点を置くHyperwise社を買収したと発表した。2013年に設立されたHyperwise社は、CPUレベルの最先端脅威対策技術を開発する企業。セキュリティ脅威を感染前に排除することを目的とし、より確実な脅威検出を可能にする独自技術により、強固なサイバー攻撃対策を実現するという。

今回の買収により、Hyperwise社が有するエンジニア・チームと技術は、そのままチェック・ポイントに転籍、移管される。Hyperwise社の創業者および社員は、直ちにチェック・ポイントの事業に加わり、その技術はチェック・ポイントの脅威エミュレーション製品ポートフォリオに統合される予定。具体的には、CPUレベルの脅威対策技術がチェック・ポイント製品に統合されることで、従来は検出不可能だったサイバー攻撃をブロックできるようになるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×