10月の特殊詐欺状況を発表、全体的に増加傾向が続く(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.23(土)

10月の特殊詐欺状況を発表、全体的に増加傾向が続く(警察庁)

脆弱性と脅威 脅威動向

警察庁は12月1日、2014年10月の「特殊詐欺認知・検挙状況等について」を発表した。これによると、10月の特殊詐欺の認知件数は1,302件(9月は1,126件)で、このうち振り込め詐欺の認知件数は1,166件(同989件)で、このうち1,069件が既遂(同925件)、被害総額(既遂のみ)は37億1,589万円(同35億3,483万円)、検挙件数は320件(同246件)、検挙人員は251名(同103名)と、増加傾向が続いている。オレオレ詐欺では、認知件数が528件(同481件)、このうち453件(同433件)が既遂、被害総額は15億7,033万円(同14億6,190万円)、検挙件数は265件(同185件)、検挙人員は192名(同91名)と、こちらも同様の結果となった。

架空請求詐欺の認知件数は361件(同311件)で、このうち344件(同297件)が既遂、被害総額は18億2,448万円(同17億5,765万円)、検挙件数は33件(同19件)、検挙人員は55名(同11名)となっている。形態別で見ると、「有料サイト利用料金等名目」が94件、「情報購入代金等名目」および「訴訟関係費用等名目」がともに19件であった。このほか融資保証金詐欺が58件(同61件)で被害総額9,360万円(同1億5,877万円)、携帯電話端末詐欺が89件(同33件)などとなっている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

    Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

  2. 自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

    自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

  3. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  4. Git における値検証不備を悪用して任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. 富士ゼロックスが提供する複数の製品に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  6. 「WannaCry」や「Mirai」の亜種や別種によるアクセスが増加(警察庁)

  7. Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

  8. 幅広い環境が影響を受けるBluetoothの脆弱性「BlueBorne」に注意喚起(JPCERT/CC)

  9. NTT西日本の「フレッツ接続ツール」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  10. Microsoft Windows の GDI に Palette オブジェクトにおける整数オーバーフローにより管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×