ロシア政府にとって最も有益と思われる機密情報の収集に特化した「APT28」(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

ロシア政府にとって最も有益と思われる機密情報の収集に特化した「APT28」(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、米FireEyeによる新たなレポート「APT28:ロシア政府から支援を受けたサイバー・スパイ活動の可能性について」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ファイア・アイ株式会社は11月25日、米FireEyeによる新たなレポート「APT28:ロシア政府から支援を受けたサイバー・スパイ活動の可能性について(APT28: A Window Into Russia’s Cyber Espionage Operations?)」を発表した。本レポートは、同社が「APT28」と名づけた脅威グループに焦点を当て、まとめたもの。APT28のマルウェアは、サイバーセキュリティ界では非常に有名な存在であるが、本レポートでは、新たな情報を詳述することで、モスクワを拠点とする政府の支援を受けていると思われる、継続的かつ集中的なサイバースパイ活動を浮き彫りにしている。

APT28は同社が追跡している中国の脅威グループとは異なり、経済的利益を目的に知的財産の窃盗を広範に実行している様子はないという。その代わりに、ロシア政府にとって最も有益と思われる機密情報の収集を集中して行っているという。具体的には、少なくとも2007年以降から、ロシア政府にとって有益と思われる各国の政府、軍、安全保障機関に関連する機密情報を、APT28が標的としてきていることを観測している。また、同グループが使用したマルウェアのサンプルもいくつか紹介しており、その情報からは「開発者がロシア語話者であること」「モスクワとサンクトペテルブルグを含む、ロシアの主要都市の時間帯と一致した就労時間でスパイ活動を行っていること」といった特徴が明らかになっているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×