標的型攻撃対策製品がAppleプラットフォームに対応、iOS対応アプリも(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

標的型攻撃対策製品がAppleプラットフォームに対応、iOS対応アプリも(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、Appleプラットフォーム・ベースの製品に対応した標的型攻撃対策製品を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は11月10日、Appleプラットフォーム・ベースの製品に対応した標的型攻撃対策製品を発表した。今回Mac環境に対応するのは、ネットワーク・セキュリティ脅威対策プラットフォームの「FireEye NXシリーズ」、フォレンジック分析の「FireEye AXシリーズ」「FireEye Mobile Threat Prevention(MTP:モバイル脅威対策)」「FireEye Investigation Analysis System(IAS)」。

同社はセキュリティベンダとして初めて、APT攻撃、ゼロデイ攻撃、標的型攻撃を特定・軽減する専用テクノロジーを通じ、Microsoft、Google、Androidに続き、Appleのプラットフォームも保護する統合ソリューションを提供する。高度な脅威対策製品として、OS Xへの対応を実現したFireEyeのNXシリーズとAXシリーズは同日より提供を開始しており、FireEye Mobile Threat PreventionのiOS版アプリは、2014年第4四半期中に提供を開始する予定という。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×