Mandiant社のインテリジェンスを加えたセキュリティプラットフォーム(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

Mandiant社のインテリジェンスを加えたセキュリティプラットフォーム(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、セキュリティ上の脅威に対してアラートの発信からインシデントへの対応、復旧までを単一のソリューションとして提供できる「FireEye Security Platform」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は5月27日、セキュリティ上の脅威に対してアラートの発信からインシデントへの対応、復旧までを単一のソリューションとして提供できる「FireEye Security Platform」を発表した。本ソリューションには、同社が2014年1月に発表したMandiant社の買収により得られた製品やサービスもプロダクトポートフォリオとして含まれる。各製品やサービスは、2014年第3四半期以降、順次国内で提供を開始する予定。

本ソリューションは、ファイア・アイの独自開発による「Multi-Vector Virtual Execution(MVX)」テクノロジー、および「FireEye Dynamic Threat Intelligence」クラウドをベースとしており、エンドポイント(クライアント)の脅威検出およびインシデント対応、脅威解析、Managed Defenseサービス、不正侵入防御機能により構成される。Mandiantの製品やサービスは、主に迅速かつ正確な意思決定を可能にする、サイバー攻撃に対するインテリジェンスが活用される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×