正規のApple iOSアプリをマルウェアに置き換える攻撃(JVN) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

正規のApple iOSアプリをマルウェアに置き換える攻撃(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Masque Attackと呼ばれる攻撃手法により、特定の条件のもとで正規のApple iOSアプリがマルウェアに置き換えられる可能性があると「JVN」で緊急情報を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月14日、Masque Attackと呼ばれる攻撃手法により、特定の条件のもとで正規のApple iOSアプリがマルウェアに置き換えられる可能性があると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で緊急情報を発表した。

この攻撃はFireEyeの研究者により発見されたも。Apple iOSには、同一の bundle identifier を持つアプリをインストールする際、コード署名証明書が同一でなくてもインストールされてしまう問題がある。Masque Attackはこの問題を悪用し、既存アプリと同じ bundle identifier を持ったアプリを、Apple が提供する App Store や自社向けアプリを提供するための provisioning system 以外からインストールさせる。

結果として、アプリが管理しているデータは削除されないまま、既存アプリの本体がインストールされたアプリに置き換えられる。これにより、認証情報などを取得される、元のアプリが管理していたデータにアクセスされる、デバイスの活動を監視される、デバイスの root 権限を取得されるなどの影響を受ける可能性がある。影響を受けるシステムは、Apple iOS 7.1.1、7.1.2、8.0、8.1、8.1.1 beta。なお、Mobile Safari などプリインストールされているアプリは、影響を受けないという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×