正規のApple iOSアプリをマルウェアに置き換える攻撃(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

正規のApple iOSアプリをマルウェアに置き換える攻撃(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月14日、Masque Attackと呼ばれる攻撃手法により、特定の条件のもとで正規のApple iOSアプリがマルウェアに置き換えられる可能性があると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で緊急情報を発表した。

この攻撃はFireEyeの研究者により発見されたも。Apple iOSには、同一の bundle identifier を持つアプリをインストールする際、コード署名証明書が同一でなくてもインストールされてしまう問題がある。Masque Attackはこの問題を悪用し、既存アプリと同じ bundle identifier を持ったアプリを、Apple が提供する App Store や自社向けアプリを提供するための provisioning system 以外からインストールさせる。

結果として、アプリが管理しているデータは削除されないまま、既存アプリの本体がインストールされたアプリに置き換えられる。これにより、認証情報などを取得される、元のアプリが管理していたデータにアクセスされる、デバイスの活動を監視される、デバイスの root 権限を取得されるなどの影響を受ける可能性がある。影響を受けるシステムは、Apple iOS 7.1.1、7.1.2、8.0、8.1、8.1.1 beta。なお、Mobile Safari などプリインストールされているアプリは、影響を受けないという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×