標的型攻撃対策製品がAppleプラットフォームに対応、iOS対応アプリも(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2021.10.20(水)

標的型攻撃対策製品がAppleプラットフォームに対応、iOS対応アプリも(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、Appleプラットフォーム・ベースの製品に対応した標的型攻撃対策製品を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は11月10日、Appleプラットフォーム・ベースの製品に対応した標的型攻撃対策製品を発表した。今回Mac環境に対応するのは、ネットワーク・セキュリティ脅威対策プラットフォームの「FireEye NXシリーズ」、フォレンジック分析の「FireEye AXシリーズ」「FireEye Mobile Threat Prevention(MTP:モバイル脅威対策)」「FireEye Investigation Analysis System(IAS)」。

同社はセキュリティベンダとして初めて、APT攻撃、ゼロデイ攻撃、標的型攻撃を特定・軽減する専用テクノロジーを通じ、Microsoft、Google、Androidに続き、Appleのプラットフォームも保護する統合ソリューションを提供する。高度な脅威対策製品として、OS Xへの対応を実現したFireEyeのNXシリーズとAXシリーズは同日より提供を開始しており、FireEye Mobile Threat PreventionのiOS版アプリは、2014年第4四半期中に提供を開始する予定という。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×