柳条湖事件に関連するサイバー攻撃、今年の攻撃は例年より少ない状況(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

柳条湖事件に関連するサイバー攻撃、今年の攻撃は例年より少ない状況(日本IBM)

日本IBMは、柳条湖事件が起こった9月18日前後の攻撃動向について、改めて傾向と対策を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は9月18日、柳条湖事件が起こった9月18日前後の攻撃動向について改めて傾向と対策を発表した。これは、満州事変の発端となった柳条湖事件が起こった9月18日の前後に、例年日本をターゲットに行われている攻撃。この攻撃活動は過去数年間行われている。今年の9月18日に検知した攻撃元IPアドレスは、例年より少ない状況であったという。

しかし過去の攻撃では、中国を送信元とする攻撃は9月18日に向けて徐々に増加し、9月18日付近の休日にピークとなっている。このためセキュリティ・オペレーション・センターでは引き続き注視していくとしている。なお、本攻撃に対して特別な対応を取る必要はなく、「公開サービスに攻撃可能な脆弱性が残されていないか」「管理通信を行うアクセス元のIPアドレスを限定できているか」といった、平常時から実施する必要がある基本的な対策を確認するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×