セレブ写真流出事件、容疑者と見られる人物が今後も画像を投稿すると宣言 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

セレブ写真流出事件、容疑者と見られる人物が今後も画像を投稿すると宣言

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

ジェニファー・ローレンスら、女性セレブたちのプライベートな写真がインターネット上に流出、FBIが捜査に乗り出した事件で、容疑者と見られる人物が今後も画像を投稿すると宣言している。

この人物は「オリジナル・ガイ」と名乗り、画像を投稿した掲示板サイト「4chan」に、自分には数人の協力者がいて、数か月前から準備をしていたと投稿した。そして、ネットユーザーからの協力や称賛の声へ感謝を表明したうえで「これからすぐ別の場所に移動し、そこから投稿を続ける」と宣言した。

アップル社のストレージ・サービス「iCloud」がハッキングされたのが原因とされているが、アップル社は調査の結果、セレブのアカウントに対するハッカーからの攻撃があったことは認めたものの、画像流出については形跡がないとしている。

ジェニファー以外にも、キルステン・ダンストやケイト・アプトンら多くのセレブが被害に遭っていて、キルステンは「Thank you iCloud」と皮肉たっぷりにツイート、『リンカーン/秘密の書』のメアリー・エリザベス・ウィンステッドも「私が何年も前に、自宅で夫と撮った写真を見ている人たちへ。自分に誇りを持てるといいわね」とツイート。

彼女の場合、投稿された画像のオリジナルは何年も前に削除していることから、「画像発掘に気持ち悪いくらい努力したんでしょうね」と、こちらも皮肉たっぷりだ。

現時点ではFBIの追跡をかわしている「オリジナル・ガイ」。まだたくさんの画像を持っていることを匂わせる発言に、セレブは不安を募らせている。

セレブ画像の流出犯、逃亡中の身で今後も投稿を続けると宣言

《text:Yuki Tominaga》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×