患者の個人情報を記録したPCやUSBメモリなどを海外出張中に盗難される(東邦大学医療センター佐倉病院) | ScanNetSecurity
2021.10.21(木)

患者の個人情報を記録したPCやUSBメモリなどを海外出張中に盗難される(東邦大学医療センター佐倉病院)

東邦大学医療センター佐倉病院は、患者の個人情報が記録されたPC、USBメモリ、外付けハードディスクを同院の医師が海外出張中に紛失したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東邦大学医療センター佐倉病院は6月4日、患者の個人情報が記録されたPC、USBメモリ、外付けハードディスクを同院の医師が海外出張中に紛失したと発表した。これは5月下旬に盗難により紛失したもので、盗難に遭ったPCは起動時のパスワ-ド設定が行われていたが、USBメモリと外付ハードディスクについては、その設定は行われていなかったという。これらには、348名分の個人情報(患者ID、氏名、生年月日(一部)、CT等画像の一部が含まれていたことが確認されている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×