chkrootkit の slapper() 関数の実装に起因する権限昇格の脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

chkrootkit の slapper() 関数の実装に起因する権限昇格の脆弱性(Scan Tech Report)

chkrootkit には、slapper() 関数の実装に起因して、権限昇格が可能な脆弱性が存在します。

脆弱性と脅威
1.概要
chkrootkit には、slapper() 関数の実装に起因して、権限昇格が可能な脆弱性が存在します。
システムにアクセス可能なローカルの悪意あるユーザに利用された場合、root 権限を取得され、システムを完全に制御される可能性があります。
脆弱性を悪用された場合の影響度が高いため、影響を受けるバージョンの chkrootkit を利用するユーザは可能な限り以下の対策を実施することを推奨します。


2.深刻度(CVSS)
CVE-ID 未割り当てのため、現状なし


3.影響を受けるソフトウェア
chkrootkit 0.49 以前

※1 影響を受けるバージョンの chkrootkit パッケージが含まれる Debian,Ubuntu などの Linux ディストリビューションにおいても、この脆弱性の影響を受けます


4.解説
chkrootkit は、SuckIT や Slapper※2 などの rootkit がシステムに組み込まれていないかチェックするためのツールであり、通常は root ユーザで実行されます。

chkrootkit には、Slapper ワームのチェックを行う slapper() 関数の実装に不備があります。
このため、chkrootkit 実行時に、/tmp ディレクトリ下にある update (/tmp/update) や httpd (/tmp/httpd) などの特定のファイルを root 権限で実行してしまう脆弱性が存在します。

この脆弱性を利用することでシステムにアクセス可能なローカルの攻撃者は、root に権限昇格を行い、当該権限で任意のコマンドが実行可能となります。

但し、/tmp ディレクトリを noexec オプション (バイナリの実行禁止) を指定してマウントする環境は、この脆弱性の影響を受けません。

※2 OpenSSL の脆弱性 (CVE-2002-0656) を悪用して、Apache HTTP Server に感染を拡大させるワームであり、/tmp ディレクトリ下に自身のコピーを作成します。


5.対策
以下の Web サイトより、chkrootkit 0.50 以降を入手しアップデートするこ
とで、この脆弱性を解消することが可能です。

chkrootkit 0.50:
http://www.chkrootkit.org/download/

また、Linux ディストリビューションにおいては、それぞれのベンダが提供す
るセキュリティアドバイザリを参考に、適切な chkrootkit パッケージを入手
しアップデートすることで、この脆弱性を解消することが可能です。

・Debian
CVE-2014-0476
https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2014-0476

・Fedora
chkrootkit-security update
https://admin.fedoraproject.org/updates/chkrootkit-0.49-9.fc19
https://admin.fedoraproject.org/updates/chkrootkit-0.49-9.fc20

・Ubuntu
CVE-2014-0476
http://people.canonical.com/~ubuntu-security/cve/2014/CVE-2014-0476.html


6.ソースコード
(Web非公開)

(執筆:株式会社ラック サイバー・グリッド研究所

※Web非公開該当コンテンツ閲覧をご希望の方はScan Tech Reportにご登録(有料)下さい。

Scan Tech Report
http://scan.netsecurity.ne.jp/archives/51916302.html
《株式会社ラック デジタルペンテスト部》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

    マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

  2. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

    裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  3. ウクライナと東京を繋げた瞬間 ~ 日本プルーフポイント 増田幸美がこだわるプレゼンテーションスライドの一枚目

    ウクライナと東京を繋げた瞬間 ~ 日本プルーフポイント 増田幸美がこだわるプレゼンテーションスライドの一枚目

  4. スマホアプリ「ピッコマ」に外部サービスの APIキーがハードコードされている問題

  5. オンラインカジノへ誘導「ライトアッププロムナード・なら」無断模倣サイトに注意呼びかけ

  6. サイボウズ Garoon に XSS の脆弱性

  7. セキュリティホール情報<2003/05/06-1>

  8. 「非常に激しい雨」「猛烈な雨」とは、雨の強さと降り方の基準について解説

  9. ここが変だよ日本のセキュリティ 第 47 回 「カムカムセキュリティ」(後編)

  10. PHPの脆弱性(CVE-2024-4577)を狙う攻撃に注意を呼びかけ

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×