「iPhone 5」でロック画面を迂回してユーザー連絡先情報を取得する方法を確認(ソフォス) | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

「iPhone 5」でロック画面を迂回してユーザー連絡先情報を取得する方法を確認(ソフォス)

 ソフォスは13日、「iPhone 5」において、ロック画面を迂回しユーザーの連絡先情報を取得する方法が見つかったとして、情報を公開した。音声認識ヘルパー「Siri」の“隙”を突いて、パスコードを入力しなくても、連絡先のリストを開くことが可能とのこと。

脆弱性と脅威 脅威動向
 ソフォスは13日、「iPhone 5」において、ロック画面を迂回しユーザーの連絡先情報を取得する方法が見つかったとして、情報を公開した。音声認識ヘルパー「Siri」の“隙”を突いて、パスコードを入力しなくても、連絡先のリストを開くことが可能とのこと。

 ロックされているiPhone 5sでは、Siriに連絡先を開くように指示しても、「iPhoneのロックを最初に解除してください」と応答される。しかし、その後、特定の手順を踏むことで、ロック画面が迂回され、指定した文字から始まる連絡先のリストが表示できるという。最新のiOS 7.1.1を実行しているデバイスがこのバグの影響を受ける。

 このため、iPhone 5に直接さわれる環境にあれば、このバグを悪用して、連絡先にある任意のユーザーに通話したり、テキストメッセージや電子メールを送信したりできるようになる。

 YouTubeには、Sherif Hashim氏が、パスコードを入力せずに、Siriを使用して連絡先リストを開いている様子が公開されている。さらに別の研究者は、テスト環境で連絡先を置換できたとコメントしている。ソフォスでは、ロック画面でSiriを無効にすることを推奨している。設定画面の「Touch IDとパスコード」(iPhone 5以前では「パスコード」)をタップし「ロック中にアクセスを許可」から「Siri」の設定をオフに切り替え可能。

iPhone 5、ロック画面を回避できる新たなバグが発覚……Siriから連絡先を開く方法

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×