日本市場初のESET法人向けゲートウェイセキュリティ製品を発表(キヤノンITS) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

日本市場初のESET法人向けゲートウェイセキュリティ製品を発表(キヤノンITS)

キヤノンITSは、メールセキュリティ製品「ESET Mail Security for Linux」を5月28日より販売開始すると発表した。本製品は同社初の法人向けゲートウェイ製品となる。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は5月13日、メールセキュリティ製品「ESET Mail Security for Linux」を5月28日より販売開始すると発表した。本製品は、ESETセキュリティ ソフトウェア製品 シリーズの日本市場における新ラインアップであり、同社初の法人向けゲートウェイ製品となる。ライセンス価格は、企業向け、教育機関向け、官公庁向けが用意される。企業向けの場合、50~99ライセンスで1ライセンスあたりの新規価格が3,570円。

本製品は、SMTPサーバ上で動作する、ウイルスメールおよび迷惑メール対策のためのソフトウェア。Red Hat Enterprise LinuxやSUSE Linux Enterprise、CentOSに対応するほか、VMware、Citrix XenServer、Hyper-Vといった仮想環境にも対応する。定義ファイルと独自開発のヒューリスティックエンジンを搭載し、シンプルな構成のプログラムにより少ないシステムリソース負荷で動作、SMTPサーバの安定稼働を実現する。また、クライアント管理プログラム「ESET Remote Administrator」による一元管理が可能。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×