InfobloxとFireEyeを連携させる標的型攻撃対策ソリューション(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2020.07.06(月)

InfobloxとFireEyeを連携させる標的型攻撃対策ソリューション(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、米Infoblox社が提供する「Infoblox DNS Firewall - FireEye Adapter」を用いたAPT攻撃防御ソリューションの提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マクニカネットワークス株式会社は3月13日、米Infoblox社(インフォブロックス)が提供する「Infoblox DNS Firewall - FireEye Adapter」を用いたAPT攻撃防御ソリューションの提供を開始したと発表した。これによりマクニカネットワークスは、ファイア・アイ社の脅威対策プラットフォーム「FireEye NX Series」が取得した標的型攻撃に関する情報を、インフォブロックスが提供する「Infoblox DNS Firewall」で取り込むことができるシステム連携と、そのシステム環境を的確に構築する技術支援をソリューションとして提供する。

この両製品をInfoblox DNS Firewall - FireEye Adapterを介して連携することで、DNSレベルで標的型マルウェアサイトやC&Cサーバへの通信を自動的に制御できるほか、マルウェアに感染した端末をピンポイントに検出することできるため、標的型攻撃に対するセキュリティの運用負荷を大幅に軽減できる。マクニカネットワークスは、インフォブロックスおよびファイア・アイと契約している国内唯一の一次代理店。両製品を提供するだけではなく、両製品に精通した専任エンジニアが、当該連携ソリューションの環境構築のために積極的な技術支援を行っていくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×