クラウドストレージサービス「Box」の日本市場における事業戦略発表会を開催(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

クラウドストレージサービス「Box」の日本市場における事業戦略発表会を開催(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークス株式会社と株式会社ボックス・ジャパンは10月23日、千葉県美浜区幕張でクラウドストレージサービス「Box」の事業戦略発表会を行った。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マクニカネットワークス株式会社と株式会社ボックス・ジャパンは10月23日、千葉県美浜区幕張でクラウドストレージサービス「Box」の事業戦略発表会を行った。

米国でエンタープライズを中心に事業を拡大しているクラウドストレージサービスを提供するBox社は、海外戦略の一環として、ロンドン、パリ、ミュンヘンに続き、アジア・太平洋地域で最大規模のIT市場を擁する日本へ進出。ボックス・ジャパン株式会社を現地法人として設立し、国内の事業活動を本格化させる。

発表会では米国においてエンタープライズビジネス市場の創出・拡大を牽引したグローバル・マーケティング担当SVP兼エンタープライズ担当GMのホイットニー・バウク氏が来日。日本市場参入の意義について米国やヨーロッパの戦略を交えた説明が行われた。
株式会社ボックス・ジャパンの代表取締役に就任する古市克典氏からは、国内で予想される企業向けクラウドストレージ需要の高まりと、それを受けた日本市場での戦略を発表。
また9月に開催されたBox社のカンファレンスイベント Box Works で初公開されたコラボレーションツール「Box Notes」をはじめとする最新機能が日本で初めて紹介された。

Boxは通信の暗号化のみならず、クラウド上のファイルも全て暗号化して保存。ほかにもパスワードポリシー設定、ログイン時間制御など、企業ユースのための管理機能が充実している。
《麻生裕一》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×