「FeliCa暗号化領域対応NFCモジュール」を共同開発、販売を開始(DNP、GLソリューションズ) | ScanNetSecurity
2022.07.08(金)

「FeliCa暗号化領域対応NFCモジュール」を共同開発、販売を開始(DNP、GLソリューションズ)

DNPとGLソリューションズは、本人認証や決済などで使用されるFeliCaカードのICチップ内の暗号化領域の読み書きにも対応したNFCモジュールを共同で開発した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
大日本印刷株式会社(DNP)とジーエルソリューションズ株式会社(GLソリューションズ)は3月3日、本人認証や決済などで使用されるFeliCaカードのICチップ内の暗号化領域の読み書きにも対応したNFCモジュールを共同で開発したと発表した。FeliCa技術を使ったシステムで個人情報や決済情報などの重要データを扱う場合には、ICチップ内にデータを暗号化して保存する。そのため、本人認証や決済で利用する機器には、FeliCaチップの暗号化領域のデータを復号化する機能が必要となるが、既存のNFCモジュールにはこの機能が用意されていなかった。

そこで今回、両社は共同でFeliCa暗号化領域に対応した「FeliCa暗号化領域対応NFCモジュール」を開発した。FeliCaチップ内の暗号化データの読み書きを行う機能を備え、社員証システムで多く利用されている共通フォーマットSSFCにも対応する。両社はモジュール単体およびそれを組み込んだリーダーライターの2種で提供し、2015年度までの2年間累計で両社合わせて25億円の売上(その他のNFC関連機器も含む)を目指す。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×