ハイエンドサイバー演習がオンライン受講を開始(DNP、サイバーナレッジアカデミー) | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

ハイエンドサイバー演習がオンライン受講を開始(DNP、サイバーナレッジアカデミー)

大日本印刷株式会社と株式会社サイバーナレッジアカデミーは10月5日、オンラインで実践的訓練システム「TAME Range」に接続しチームでの演習を受講できる「サイバー・インシデントレスポンス・マネジメントコース オンライン演習」を11月から新設すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
大日本印刷株式会社(DNP)とそのグループ会社でサイバー攻撃対策要員を訓練・養成する株式会社サイバーナレッジアカデミーは10月5日、オンラインで実践的訓練システム「TAME Range」に接続しチームでの演習を受講できる「サイバー・インシデントレスポンス・マネジメントコース オンライン演習」を11月から新設すると発表した。

本演習では、サイバーナレッジアカデミー社が2016年から提供してきた「サイバー・インシデントレスポンス・マネジメントコース 基礎演習」、「サイバー・インシデントレスポンス・マネジメントコース 実践演習I~III」、「サイバー・インシデントレスポンス・マネジメントコース産業制御系・基礎」、「サイバーオフェンスプロフェッショナルコース」をオンラインで演習でき、CSIRTの業務に携わるメンバーが、東京・五反田にあるサイバーナレッジアカデミー社の教室に行かずに遠隔地でハンズオン演習を受講可能となる。

DNP社とサイバーナレッジアカデミー社では、サイバーセキュリティ先進国であるイスラエルの企業、イスラエル・エアロスペース・インダストリーズの訓練システム「TAME Range」を導入し、官公庁をはじめ、情報通信、航空・電力など約80社、2,200名以上のセキュリティ担当者に訓練と演習を実施してきたが、これに加えて、演習会場から遠い地域から参加したいというニーズや、新型コロナウイルスの影響により自宅等から受講したいというニーズを受け本演習を開講する。

本演習は、TAME Rangeを活用し、一般的な企業のネットワークシステムの仮想環境(サイバーレンジ)を再現、受講者のパソコンからアクセスが可能となり、CSIRTのメンバー同士が異なる場所にいても複数名がチームとして受講となる他に、さまざまなサイバー攻撃対策を日本語で受講可能。

11月に「サイバー・インシデントレスポンス・マネジメントコース オンライン演習」の第1弾として「基礎演習」を実施、その後、その他のコースも随時オンラインで提供する。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×