「父親の手ほどきを受け」Cabosで著作権ファイルを公開した女性を送致(JASRAC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

「父親の手ほどきを受け」Cabosで著作権ファイルを公開した女性を送致(JASRAC)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)は1月17日、ファイル共有ソフト「Cabos」を用いた著作権侵害事件について発表した。これは北海道警察本部サイバー犯罪対策課および北海道札幌方面江別警察署が1月16日、「Cabos」を使用してインターネット上に音楽ファイル等を公開していた札幌市内在住の女性(28歳)を、札幌地方検察庁に送致したというもの。JASRACは、この女性に対し2013年10月31日に告訴していた。

警察の調べによると、この女性は父親の手ほどきを受けてCabosを使い始めたという。違法行為であることは認識しながらも、好きな音楽や映像を簡単に入手できることを理由に侵害を重ね、JASRACの管理楽曲を収録した音声ファイルや映像ファイルを延べ3,800件以上ダウンロードするとともにインターネット上にアップロードしていた。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×